脇 黄ばみ

なぜ脇に黄ばみが付着するのか?その原因と対策方法

服の黄ばみ

白いシャツの脇の部分がいつの間にか黄色くなっていた経験をお持ちの方も多いでしょう。この黄ばみは体から出る皮脂が原因です。

 

毎日洗濯してもなかなか取れませんし、終いには黒くなってきます。この厄介な黄ばみをどうすれば良いのでしょうか。

 

人間の体には汗を分泌する汗腺があります。汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つがあります。エクリン腺は体中に広く分布していて、分泌される汗も99%が水分で1%が塩分なので無色無臭、黄ばみの原因にはなりません。

 

もう一つのアポクリン腺は、脇や耳、乳輪、陰部に見られ、分泌される汗に含まれる脂質やたんぱく質・糖質・アンモニアはワキガの、そしてリポフスチンという色素が黄ばみの原因となります。
アポクリン腺の数には個人差がありますから、汗腺が多いほど黄ばみやすいと言うことです。

 

黄ばみの原因はアポクリン腺から出る汗ですから汗を抑えれば黄ばみが付くのを防げます。
一般的なデオドラント剤等の制汗製品を使うのも効果が期待できますが、逆効果になることもあるようです。

 

そういう場合は使用を一時止めてみましょう。
ドラッグストア等で市販されている脇汗用のパッドを使えば汗も臭いも吸い取ってくれる上、簡単です。

 

服についた黄ばみを落とす方法

 

手洗い

付いてしまった黄ばみは洗濯機で普通に洗ってもなかなか落ちません。黄ばみを落とすには先ず手洗いすることが大切です。

時間が経つほど落ちにくくなるのでなるべく早く取り掛かりましょう。

 

台所用中性洗剤で優しく揉み洗いして皮脂汚れを落とした後、漂白剤に浸け置きます。軽い黄ばみならこれで落ちることもあります。洗濯機で濯ぎ洗いをして完了です。

 

頑固な黄ばみには重曹を使います。
ぬるま湯に溶かした重曹に一晩浸け置くか、重曹と酸素系の漂白剤を半々に混ぜて作ったペーストを黄ばみに塗って擦り洗いします。油汚れは酸性なのでアルカリ性の重曹が中和して汚れが落ちやすくなり、漂白剤が黄ばみを消すのを助けます。

 

お気に入りのシャツや買ったばかりの服が黄ばんで着られなくなるとお出かけが億劫になります。
そうならないためにしっかりと黄ばみの対策をしましょう。