ミョウバン 効果

ミョウバンって脇の臭いに効果ある?

水

暖かくなってくるにつれて、気になるのは汗の問題。

特に、暑いと感じた時以外にも出やすい脇汗は、誰しも一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

 

最近は脇汗対策になる制汗剤なども出ているのでよっぽどマシかもしれませんが、脇汗の量がかなりある人にはその程度じゃ何の対策にもならないことがほとんどです。

 

そこでオススメしたいのが、ミョウバンを使った自作の制汗剤です。
もしかしたら、おばあさんが使っていたのを見たことがある、という方もいるかもしれません。

 

昔ながらの知恵ではありますが、実はそういったものの方が強い効き目があるなんてことはよくあることです。ミョウバン制汗剤も、例外ではありません。脇汗を抑える、なんて謳っている効果の強い制汗剤では、成分としてミョウバンを含むことだってあります。

 

気になるミョウバンの効果とは

 

では、なぜミョウバンにそれほどの効果があるのでしょうか?
それは、ミョウバンの性質にあります。

 

そもそも脇汗が臭う原因というのは、アルカリ性を好む細菌が脇で繁殖してしまうことです。
ミョウバンは水に溶けると酸性を示すため、臭いの元となる細菌の繁殖を抑えることができる、というわけです。

 

さらにミョウバンには様々な金属が含まれているので、それらの効果も合わさってしっかりと消臭してくれます。

 

しかも、効果はそれだけではありません。脇汗が出てしまうこと自体を防いでくれるのです。毛穴はもちろん、そのさらに奥にあるアポクリン汗腺も引き締めてくれるため、汗やたんぱく質、脂質の分泌を抑えてくれるという優れものなのです。

 

つまり、ミョウバンひとつさえあれば見た目にも臭いにも効果があるので、制汗剤や脇汗パッドなどが必要なくなるということです。

 

使い方としてはとっても簡単です。一番効果があると言われているのが、すり潰したミョウバンを直接肌につけるというものです。すり潰すだけで特に何か作ったりするわけではないので、かなり簡単で効果がありおすすめです。

 

簡単なミョウバン水の作り方

 

また、ミョウバン水を作るやり方もあります。水150に対してミョウバン1を入れてそれを原液とし、さらにそれを20倍に希釈して完成です。これは冷蔵庫で保管してください。

 

このミョウバン水は制汗剤としての使い方以外にも、洗顔後顔にスプレーして毛穴を引き締めたり、さらにハッカ油をいれて虫除けスプレーの代わりにすることもできます。

 

メリットをいくつか並べてみましたが、一番魅力的なのはコストパフォーマンスに優れているということ。ミョウバン一袋を買えば、この夏どころか一年中使っても余ってしまうくらいの量になります。コスパも優れ、簡単で効果のあるミョウバン。ぜひ使ってみてください。

 

 

ミョウバン以外のおすすめデオドラント

 

その他にも脇の臭いを抑えるデオドラントもおすすめ。
最近のデオドラントは、進化してとても優れたものになっています。
気になる方はコチラをチェック⇒わきが対策クリームおすすめランキング