わきが 食事

わきがに良い食生活。食べ物で改善できる?

最近の日本人は、食の欧米化によって体臭がキツくなっていると言われています。
食生活とワキガの関係性について解説します。

 

お肉ばかり食べているとワキガになる、ということはありません。
わきがはアポクリン汗腺という分泌腺の量によるものですが、お肉を食べ過ぎたからといってアポクリン汗腺が増えるわけではありません。

 

しかし、お肉などの動物性タンパク質や脂肪などの摂取を繰り返していると、アポクリン汗腺が刺激されて体臭が臭くなることはあります。
もともとワキガの方は、食生活でアポクリン汗腺が刺激されてより強烈な臭いを放つことはあります。

 

日本人より体臭がきついとされている外国人、白人や黒人は70%以上がワキガ体質で、食生活もお肉など動物性タンパクを中心とされる方が多いので、臭いがキツイとされています。外国人が、頻繁に香水をつけるのもそういった原因もあるのです。

 

では、ワキガは食生活で改善されるのでしょうか?
まずは、上記のようなワキガや体臭を強くさせる食べの物を、出来る限り避けることから始めましょう。

 

 

ワキガや脇・体臭がキツイ方が注意するべき食べ物

 

動物性タンパク質と脂肪分は、体臭が酷くなる原因です。
お肉類はもちろんのこと、マヨネーズやマーガリンにも含まれます。

 

また、動物性脂肪のラードを頻繁に使う中華料理や、バターやマーガリンを使用するケーキや洋菓子にも含まれます。ポテチやなどのスナック菓子などジャンクフードなども危険。

 

また、ニオイ成分が汗と共に体から排出されるニンニクやお酒などもあります。
タバコ、コーヒーなどの刺激物もワキガ臭を強めますので出来る限り控えることが無難。

 

こういった食品を避けるだけでも、体臭や脇の臭いを抑えることができます。
お肉類やお菓子類が好きな方は注意しましょう。

 

ワキガや臭い予防に控えたい食品
  • 牛肉や豚肉などの肉類
  • マーガリン、バター、マヨネーズなどの乳製品
  • ケーキやお菓子などのスイーツ類
  • ニンニクや唐辛子などの刺激物
  • タバコ、コーヒー、アルコール類などの嗜好品

 

 

食生活改善!ワキガの臭いを抑える食べ物

 

この食べ物を食べたからワキガが治った、というような夢の話ではありません。
あくまで、脇の臭いを抑えるだろう成分が含まれた効果的な食べ物をご紹介します。

 

上記の食べることを控えるべき食品を抑えて、さらに臭いを抑制する食べ物を摂取することで、ワキガや体臭予防に備えましょう。

 

まずは肉類を中心とする洋食から和食中心に変えることが大切です。

 

和食は、野菜や魚、穀物中心の食べ物が中心です。
野菜や魚にはビタミンCやビタミンEなどが含まれているおり、それらはワキガの臭い予防に有効とされています。

 

具体的に挙げると、ビタミンAを含む食品は、ほうれん草や小松菜、にんじんなどに含まれます。
ビタミンCは、ピーマンやレモン、イチゴなど、ビタミンEは、カボチャやモロヘイヤ。などが含まれます。

 

果物もビタミン類が豊富なのでおすすめです。
特にりんごにはアポクリン汗腺からの汗を抑える働きがあります。
その他には、殺菌・抗菌作用のある梅干しや、生姜、お酢なども効果的。

 

やはり上記のような食材を使うのは日本食が多いですよね。
和食中心にして、緑黄色野菜や魚類、果物などを摂取するように心がけましょう。

 

ワキガ対策に取りたい食品
  • アジやサバなどの魚類全般
  • ピーマン、小松菜、カボチャ、モロヘイヤ、人参などの緑黄色野菜
  • レモンやイチゴなどの果物類
  • 梅干し
  • しょうが
  • お酢系

 

食生活を改善することで、ワキガや体臭予防になりますし、健康にも良いのでぜひ心がけて下さい。