脇汗シート 対策 体験談

脇汗を解消したい体験談。脇汗シートで対策

夏場はもちろん冬でも少し動いたり歩いただけで脇汗が出てしまいます。
日ごろから注意しているのはお洋服の色選びです。白・黒は安全です。

 

逆にだめなのはグレーです。グレーは少しの水分でも色が変わって目立ってしまいます。
ここ何年かはグレーのTシャツがはやっているので店頭でも1度は手にとって見るのですがいつも断念をします。可愛いんだけど、悲しいです。

 

周りの友達や店員さんは『大丈夫だよー』と言いますが、脇汗に困ってないとわからないのです。
グレーの服を着たときの恐怖を。

 

あと、白色の服も目立たなくて便利なんですが、脇部分を1度洗剤で手洗いしないと黄ばんでくるんです。面倒だけど、この手間を省くといざ着ようとしたときにうっすら黄色くなってるときのショックの大きさ。それがお気に入りの服だったり、急いでいるときのショックの大きさは計り知れないです。

 

 

重宝するのが脇汗シート

 

夏場の重宝するのは脇汗シートが大活躍。
大きめタイプを選んでも間に合わないので2枚張りは常識です。

 

まず、縫い目部分の前部分に分量を多めにして張り、真ん中が重なるように2枚目を張ります。
時々、張り方や張る部分を間違えるとあふれ出た汗が三日月状に服についちゃいますのでここは時間をかけて慎重に張っていきます。帰ってきたときに服の脇部分に汗がついてないときの喜びは大きいです。

 

たまにしわがいったり腕を上げたときに白い脇汗シートが見えてしまうことがあるのでなかなかうまく張れないです。もう少し大き目のシートが出るとうれしいのですが、もう少しと言わずわきの下に直接張れるのが理想ですが。

 

汗を抑える注射も興味があったので調べてみたり実際注射をした人の話を聞くと脇汗はびっくりするぐらい止まるようですが、代わりに背中と頭から汗が出てくると口をそろえて言っていました。

 

脇汗が違う部分から出てくるみたいです。そして何よりびっくりするのがこんなに出るのかと驚くそうです。ということは、自分もそんなに今まで脇汗が出てると言うことなんですね。こういう話を聞くとなかなか躊躇してしまいます。

 

脇と背中&頭だったら脇のほうが範囲が狭いので脇汗シートでカバーができますから、背中からだと広範囲すぎてインナーだけだとTシャツにまでしみてきそうです。また、ぬれたままだと風邪を引いてしまいそうです。

 

しばらくは脇汗シートで対応をしていくしかないです。もっと画期的な方法や入浴方法で治るとうれしいです。まだいいのはにおいがそんなにしないことがよかったと思います。