ワキガ 脇脱毛

脇の脱毛をするとワキガが治るって本当なの?

「ワキガ対策には脇の脱毛をしよう!」なんて聞いたことありませんか?
脇のムダ毛が実際にワキガに影響するのでしょうか?
脱毛すると本当に臭いが消えるのか?詳しく解説していきます。

 

 

ワキガと脇毛の関係

 

ワキガの臭いは汗の出す分泌腺、アポクリン汗腺から発生します。
このアポクリン汗腺は毛穴に開口しているので、脇毛との関係はあります。

 

アポクリン汗腺から出た汗が、脇のムダ毛が原因で留まり蒸れます。
毛で湿度が高まることで、雑菌が繁殖して臭いを発生させるのです。

 

つまり、脇のムダ毛が無ければ、脇の湿度を抑えることができて、ワキガの臭い対策につながるのです。脇毛がふさふさの人よりも、脇脱毛している女性のほうが、臭いは比較的少ないといえるでしょう。

 

ワキガほど臭いがキツくなくても、汗をかいた時に脇のニオイで悩んでいるならば、脱毛することで臭いを抑える効果は期待できます。

 

 

脇脱毛する際の注意点

 

最近の女性はワキ脱毛処理をしている方が増えています。
これから臭い対策として、また女性のエチケットとして脱毛をお考えならば注意するべき点があります。

 

それは、なるべくカミソリや毛抜きで自己処理をしないよう注意しましょう。
カミソリや毛抜きを使用すると、脇の肌を傷つけて黒ずみや肌荒れの原因になります。
また毛抜きは、毛穴のアポクリン汗腺を刺激して、より脇の臭いをキツくさせる恐れがあります。

 

脇の脱毛をするならば、脱毛サロンや医療クリニックなどの専門店で行うことが良いでしょう。それ以外ならば除毛クリームや家庭用脱毛器などを使うことがおすすめです。
自己処理でのカミソリや毛抜きで強引な脱毛は避けることが大切です。

 

 

脇の脱毛してもワキガは治らない

 

脇の脱毛は、ニオイを抑えることに効果的だとお伝えしました。
しかし、あくまで臭いを軽減させる対策のひとつでしかありません。

 

脇の脱毛をしたからと言って、ワキガが治るわけではありません。

 

上記で述べたとおり、ワキガはアポクリン汗腺から出る汗が原因。
脱毛したからといって、アポクリン汗腺が無くなるわけではありません。

 

このアポクリン汗腺の量が多いとワキガになりやすいのです。
アポクリン汗腺という分泌腺がある限り、残念ながらワキガが治ることはありません。

 

このアポクリン汗腺を取り除くのが、医療クリニックなどで行われるワキガの手術になります。
しかし、ワキガの手術は、臭いが再発したり、肌が傷つけたりと不安になる方もいらっしゃいます。

 

そういった方には、ワキガ専用のデオドラント「わきが対策クリーム」などを使うことをおすすめします。
こういった対策クリームは日常で使用するのに非常に便利で、臭いの抑制に導きます。